AWS構築手順Route53によるDNS設定

本章では、Route53を利用してドメインの設定を行います。なお、ドメイン名の取得はAWSからも可能ですが、本手順では他サービスで取得したドメインを利用する流れとします。前提として、ドメイン名は既に取得済みとして説明を進めますので、未取得の方はドメイン名を取得しておいてください。

ドメインの登録

  1. AWSコンソールにログインし、Route53を表示します。トップページよりDNS managementのGet started nowをクリックします。 Route53キャプチャ1
  2. Create Hosted Zoneをクリックし、取得済みのサービスのドメイン名を入力し、createをクリックします。 Route53キャプチャ2
  3. 作成したら、そのHosted ZoneにType: NSのレコードが作成されています。この値を、ドメイン名取得元のサービスの「ネームサーバ変更」に設定します。
    Route53キャプチャ3 以下のキャプチャはムームードメインでの設定となります(ドメイン名を選択→ネームサーバー設定変更) Route53キャプチャ4

Record Setの作成

続けて、Route53にてRecord Setを作成します。ここではまず、サービスのURLに利用するドメイン(今回は https://demo.ec-trip.site とします)のRecord Setを作成していきます。
EC-TRIPでは、インターネットからサービスへの入り口にELBを利用していますので、このELBに対するRecord Setを作成となります。

  1. Create Record Setをクリックし、Nameにdemo、TypeはA - IPv4 Addressを選択します。(サブドメインでない場合はNameを空欄にしてください)
    そして、ポイントはAliasをYesにすることです。こうすることで、Record Setの対象にELBを指定することができます。 Route53キャプチャ5 選択が完了したら、Createで作成をします。
  2. 続けて、wwwありのRecord Setも作成しておきます。改めてCreate Record Setをクリックします。
    これは、先程作成したドメインの別名になりますので、TypeにはCNAMEを選択し、Nameにはwww.demo、 AliasはNoのまま、Valueにはdemo.ec-trip.siteを入力して作成します。 Route53キャプチャ7
  3. しばらくすると、ドメイン名でアクセスするとサービスが表示されることが確認できます。 Route53キャプチャ8

Route53では、他にメールサーバーのためのRecord Setを登録する必要がありますが、これについては後述のSES/WorkMail設定の中で記載します。
以上でRoute53の設定を完了とし、次章ではSSL証明書の設定について説明します。